ニキビ跡は対策すれば目立たなくすることが出来る!

ニキビ跡はなぜできちゃうの?

ニキビが出来てしまうだけでも女性にとって大きな悩みですね。それ以上にニキビ跡が出来てしまうと、簡単に解消できなくてもっと大きな悩みになります。跡が出来てしまう原因はニキビを悪化させてしまったからです。ニキビは毛穴に詰まってしまった汚れによって炎症を起こす、もしくはホルモンの影響によってできます。いち早く対処していれば炎症の程度が低くキレイな状態にできますが、炎症の程度が悪くなるとうっ血したり色素沈着したり、場合によって組織破壊によってクレーターが出来ることで跡として残ってしまうんです。度合いによって跡は様々ですが、共通点は悪化させたことです。

どうするとニキビ跡を治せる?

ニキビ跡の種類は赤みとシミ、そしてクレーターの3つがあります。このどれも自分で治せるなら嬉しいのですが、治せるのは頑張っても2つだけです。治せるニキビ跡になるのが赤みとシミです。赤みはうっ血した跡で皮膚内で多少の出血をしている状態なので、肌の健康状態を良くすると自然に治ってきます。シミは色素沈着をしているのですが、シミ対策できる化粧品や肌の健康状態を良くすると改善し、目立たなくなります。この2つのニキビ跡は医師の力を借りることなく改善できるので、肌の健康状態を良くするためにも保湿と肌に良い栄養を摂取しましょう。

クレーターはなぜ自分では治せないの?

クレーターのニキビ跡は残念ながら自分の力だけでは改善できません。クレーターは皮膚の組織が破壊されてしまったためにできたニキビ跡です。皮膚組織が一度破壊されてしまうと元通りにはならず、へこんだままで問題が出ないように回復していきます。へこんだ状態で回復完了するとそれ以上元に戻ろうとしないのでクレーターが完成します。自分だけの力では組織をもとに戻すことが無理なので、残念ながらそのままになってしまいます。ですが美容整形することで回復させ目立たなく出来るので、どうしてもなんとかしたいと思っているなら医師に相談してみましょう。

色素沈着でシミになっているニキビ跡はメラニンに働きかける美白成分とターンオーバーを促進するピーリング成分が配合された化粧品が最適です。