ボトックス注射をする時に気をつけること3選

ボトックス注射をすると表情が強ばるの?

ボトックス注射を行う時に額に打つと顔の強張りを感じることがあります。額のシワの解消や眉間のシワの解消のために打つことが多いでしょう。しかしボトックス注射の打つ位置を調整してもらうことで、強張りを感じずに済みます。また、眉間に打つと眉毛をあげる動作が多かった人は、うまく上がらなくなるので、瞼が重く感じてしまうことがあるでしょう。1度打ってしまうとしばらくは強張りを解消することは難しくなります。医師にしっかりと相談してから打つと良いですね。

ボトックス注射で肌がたるむって本当?

エラにある咬筋の発達により顔が大きく見えてしまう時、咬筋を萎縮させて小顔効果を得る方法があります。小顔になりますがエラにより張っていた皮膚が余るのでたるんだように見えてしまうでしょう。小顔効果を感じられたのだからたるみは気にならないという場合はそのままでもよいのですが、気になる時は以降ボトックス注射を打たないようにすると良いです。また、気になるのなら皮膚を引き上げる手術を行えば解消できるでしょう。

ボトックス注射後に避けるべきこととは

ボトックスは熱に弱いものです。そのためボトックス注射をした後、数日は効果が無くならないように、サウナや高温の入浴は避けましょう。体温を上昇させてしまう激しい運動もあまり良くありません。また、ボトックス注射をした後、3ヶ月は避妊することが必要です。妊娠中や妊娠前にボトックス注射を行う時に胎児が奇形になってしまうというリスクが高まってしまいます。正常な妊娠を望むのであれば、ボトックス注射は辞めましょう。

ボトックスの施術効果に注目をするうえで、大手のクリニックの人気の高いコースに申し込みをすることが成功のポイントです。